例えば、中国・シンガポール・ベトナムの3カ国に商標出願をしたいと考えた場合

通常の出願ルートですと

マドプロ出願

 

というように、3カ国それぞれに対して、現地代理人を通じて出願をしなくてはなりません。

 

一方、マドプロ出願ルートですと

マドプロ出願

 

というように、1つの国際商標出願をすれば

3カ国それぞれに出願したのと同じ効果が得られるわけです。

しかも、現地代理人を必要としない!

 

(Prev.)

http://intl-ip.com/home/2015/04/08/madrid/

(Next)

http://intl-ip.com/home/2015/04/16/マドプロ加盟国/

 

 

カテゴリー: マドプロ出願